コラーゲン

コンドロイチンと熱中症

体が暑さを感じると、皮膚に血液を多く流したり汗を出したりして、体温を下げるよう働きます。
血液は皮膚の血管を流れる流れる時に熱を放出し、汗は蒸発する時に体の熱も一緒に放出することで体温をさげることで人は体温を一定に保っているのです。
ところが長期間気温が高い状態が続くと大量に発汗して水分や塩分が失われ、汗が出なくなったり臓器に流れる血流量に影響を与えたりします。

また、湿度が高いと、汗が蒸発しないで皮膚の表面で熱がこもったままになることがあります。
こうして熱中症が発症するのです。
この熱中症を予防する効果が期待できると考えられているのが、コンドロイチンの高い保水力です。

人間の体は60~70%くらいは水分で出来ており、水分がそれよりも減少すると失神、めまい、頭痛、気分の不快、吐き気といった危険信号を発信します。
それが熱中症の症状で、症状がすすむと意識障害、手足の運動障害を引き起こします。
コンドロイチンが十分に生成されていれば、コンドロイチンの高い保水力で体内の水分量の減少を阻止してくれますが、
コンドロイチンが減少していると年齢に関係なく熱中症を発症しますし、特に加齢によってコンドロイチンが減少している高齢者が発症する可能性は高くなります。
コンドロイチンを普段から摂取することで十分な水分を体内にキープできるのですから、熱中症対策の一つとして、ぜひお試しください。