コラーゲン

サプリメントでコンドロイチン摂取

厚生労働省では、コンドロイチンの摂取量についての1日当たりの摂取量を指定していません。
しかし、一般的には1日当たり必要な摂取量目安はは800㎎~1500mgとされており、体重によって摂取量を調整することが必要とされています。
その量は、具体的には体重54kg以下の人は800mg・55kg~90kgの人は1200mg・90kg以上の人はの1500mgというように、体重によって異なるものとされています。

摂取の方法としては、大別すると動物性、植物性、微生物性の3種類のコンドロイチンの摂取が可能ですが、食事を通じて必要な量を毎日摂取することは、容易ではありません。
植物性コンドロイチンを摂取する場合にはカロリーが、動物性コンドロイチンを摂取する場合には費用が障害になります。
こうした問題を解決してくれるのが、コンドロイチンのサプリメントです。

インターネットでコンドロイチンのサプリメントを調べてみれば、実に多種多様なサプリメントがあることにおどろきます。
「原材料の違い」「コンドロイチンの含有量」「付加成分」の3つの要素をさまざまに組み合わせたサプリメントが、販売されているのです。
サプリメントを購入する場合は「どのような症状改善のために摂取するのか」「アレルギー源の原材料が使用されていないか」といったことを十分に事前検討することが必要です。